時代が変わってきましたね 兼松・男女賃金格差訴訟2審判決 セクハラ、募集採用、間接差別 男女雇用機会均等法の落とし穴



時代が変わってきましたね 兼松・男女賃金格差訴訟2審判決

裁判でも、男女雇用機会均等法の解釈が変わってきたようです。これからこのような事例が増えてきそうですね。良識をもって慎重に対応したいものです。それよりも時代が変わってきたことをしっかり認識して、職場環境の改善にも取り組まないと、生き残っていけなくなるのではないでしょうか?

(ヤフーニュースより引用)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080201-00000090-san-soci

 総合商社「兼松」(東京)の社員と元社員の女性6人が、「男女別の賃金制度は不当な差別」として、同社に差額分賃金や慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決が31日、東京高裁であった。

 西田美昭裁判長は女性側の請求を退けた1審東京地裁判決を変更。男女の賃金格差が違法だったことを認め、4人に対し計約7250万円の支払いを命じた。

 主な争点は、男女の賃金を分けた制度は違法かどうかだった。兼松は「職務内容が違うコース別賃金制度で、男女差別ではない」と主張していた。

 西田裁判長は、4人の賃金は、同じような困難度の仕事をしていた男性社員と比較して相当の差があったことを認めた。その上で、「この差に合理的な理由はなく、性の違いによって生じたと考えられる」と判断。男女の差によって賃金を差別していた兼松の違法性を認定した。

 1審判決は、平成11年に改正法が施行される前の男女雇用機会均等法下では、男女の差別的扱いをしないことは雇用者の努力義務だったと指摘。男女を分けた処遇は違法ではないとしていた。
posted by セクハラ | 関連ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。